マクロビ三昧

なんだか体調も精神もパッとしない日々が続いていましたので、この週末は初心に戻ってマクロビのお料理をたくさん作りました。数年前に数年かけてNYにてベーシック1&2そしてアドバンスクラスまでを学びましたが、日々の生活に取り入れられているかというと微妙なところで、具合が悪くなった時にお手当するぐらいで、ローフードや特定の食材ばかり食べたりとマクロの基本からはかなり遠ざかっておりました。

久々に圧力鍋で炊いたあずき玄米ご飯のおいしいこと!キンピラゴボウのおいしいこと!重ね煮のおいしこと!!プレスサラダのおいしいこと!!!ご飯たべててこんなにしみじみおいしいなあと思ったの久しぶりかもしれません。きちんと落ち着いて心を込めて粗食を作る、大事です。

IMG_1127

マクロビオティックのお料理は難しいことは何もなく、とっても自然の理にかなった調理法で、食材のおいしさを最大限に引き出してくれているような気がします。私はNYでマクロの基礎をきっちり叩き込んでいただいたのですが、NYで学べて一番よかったのは、アメリカでマクロを実践するコツ的なものをきっちり教えていただいたこと。今年は気合を入れなおす意味も込めて、単発クラスなども時間を作って是非受講してみたいと思う今日この頃。

先日機会があって、管理栄養士のセミナーを受けたのですが、前々からうすうす気が付いてはいたのですが、現代栄養学ってやっぱり雑だなと思うんです。わたくしも栄養士の端くれではありますが、これは日本でもアメリカでもそうなんですが、”AだからB”みたいなセオリーがありきのアドバイスなので、あくまで一般論になってしまうし、特に先日のセミナーで講師も、受講者も、パッケージフードの栄養成分表のどこを注目するか、というところにすごくフォーカスが当たっていて、個人的には「うーん。。。」と唸ってしまうところでした。でもこのセミナーを受けたことによって、再びマクロ勉強したい熱が沸いてきたので、何事も必要な時に必要なタイミングで自分に訪れるのだなあなんて、しみじみ思いました。

最近は新しい気持ちでヨガの練習も再開したし、心身ともにリニューできるよう日々細々邁進。そういえば、今月は久々にアロマセラピーも受けました。なんとなくいろんな意味で停滞している感を否めない中、わからないなりにもできることはたくさんあるわけなので、頭では悶々としつつも、今はできることをひとつずつやっているという感じでしょうか。きっと答えはその過程で見つかると信じて。

話は戻って、小豆玄米でおかゆを作って今玄米甘酒仕込み中。甘酒作るの本当に久しぶり。早く明日にならないかなー。

にほんブログ村 料理ブログ ベジタリアン料理へ
にほんブログ村

広告