林檎のお酒

週末にボストンのチャールズリバー近くにあるDowneast Cider Houseという林檎(Apple Cider)のお酒工場に工場見学に行ってきました。といっても林檎を絞ったりするのはもっと郊外でやっていて、ここでは発酵からあとの製造をやっています。もともとメイン州のとある大学の大学生が大学の寮の地下で密造していたというのが会社のスタートという何とも若い感じの小さな会社です。

IMG_1787

場所は、「え、こんなところに?」というような倉庫街にあります。工場内にバーがあって、見学の前や後に飲むこともできますが、見学中(見学といっても真ん中に立てばすべてを見渡せるので、主にガイドの話を聞いて終わりです。)に次から次へとサンプルが差し出されるので、油断していると結構飲んじゃうことになります。4種類のサイダーを飲みましたがどれもおいしい。すごく「林檎」です。ちなみにApple Cider はスパークリングのリンゴジュースを指すこともありますが、ここではHard Apple Cider といってリンゴジュースをさらに発酵させたアルコール飲料を製造しています。

IMG_1790

でも何よりも、音楽がガンガンかかってて、薄暗い倉庫の中のバー、お酒おいしくて、昼間で、ってこういうシチュエーションすごい良い!音の振動とお酒で若干頭がシャッフルされて、なんとも楽しかった。今じゃうるさい店になんか絶対行かないし、レストランで音楽が大きかったら「悪いけど、ちょっとボリューム下げて」ってお願いしちゃうくらいだし。たまにはこういうのもよいものですね。

IMG_1792

来週はアメリカのお誕生日。インディペンデンスデイです。至る所に星条旗が。ってなんてことはなく、いつもあったりして。

IMG_1794

こんなところにあります。向かい側はチャールズリバー。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中