機内エンターテイメント

機内エンターテイメントに当たりの映画が入っていると、長時間フライトもそんなに苦にはなりません。(うそです。でも時間がたつのは早く感じますよね。)

h

今回の旅はJFKからハワイアンの直行便。JFKへ乗り継いだJETBLUEは短時間フライトなので爆睡。機内エンターテイメントはいつもたいして期待していないので、キンドルも充電器も手元において準備万全。と思っていたのですが、今回はあたりでした。私は気に入った映画があると繰り返し何度も見るタイプなので、一本でも好きな映画があればしめたもの。今回はなんと2本ありました。イヤッホー。

一つは1987年の映画。「Moonstruck」Sherとニコラスケイジがでているあの映画です。すっごく久しぶりに見たのですが、なんかいいんですよねこれ。そして今回改めて気が付いたのが、Sherとニコラスがオペラを見に行って、初めてみたオペラなのにSherが涙するんですが、これって彼らがイタリアンだから言葉がよりダイレクトに伝わるってことなんですね。なるほどなるほど。人が恋に落ちてどんどん変わっていく様が面白い。ニコラスなんてあんなに怒りの塊だったのに、翌日にはまるで全くの別人。えー?!って突込み入れたくなりますが、そこがまたなんとも胸キュン。みんな色々あるけど、結果はすべてまるっとおさまるハッピーエンドのお話です。

もう一つは、実はなぜか今まで見たことがなかった1989年の映画。「When Harry met Sally」。メグライアンとビリークリスタル主演のラブコメディー。こちらもNYが舞台の映画です。これもある意味ベタなラブコメディーなんですが、メグもビリーも素敵すぎる。そしてHarry Connick Jr. の歌声がまた素敵に映画にマッチしてて、ああ、素敵だ。アメリカの70年代80年代の映画で、NYが舞台の映画ってジャズ音楽をよく使っているのですが、それがすごく良いんですよね。シンプルなんだけれど、モダンでクラシックで昔の映画っていいなあって改めて思いました。

というわけで、今回の旅はいつもは苦痛な長時間フライトもそれなりにエンジョイできました。(行きも帰りも同じラインアップだったので、この2本をひたすら繰り返し見ました。)そういう意味でも、今回の旅は本当に100点満点。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中