コーチング(2)

かの有名なナポレオンヒルの言葉に「求め、信じれば、手に入れることができる」というのがあります。これを実践しようと思うとまず初めに明確にする必要があるのが、欲しいものを明確にするということです。マタイの福音書にも同じような言葉がありますよね。「求めなさい。そうすれば与えられる。」というあれです。

求める=具体的なビジョンを持つ

私がコーチのドアを叩いたときは、このビジョンが全く見えなくなっていました。今まで探し求めていたものをすべて手に入れてしまって、次のビジョンが全く見えなくなっていたのです。ビジョン化できない事は実現できませんので、それを明確にしないかぎりもやもやとした毎日を送ることになってしまいます。まさに私はその状態でした。でも当時の私はビジョンを描けていないことに気が付いていなかったので、まさに八方ふさがりという感じだったのです。コーチングを始める前に無料のディスカバリーコールという制度があるのですが、後々コーチに言われたのが、「はじめてあなたに会ったとき顔は笑っていたけれど、目が泣いていた。」です。原因がわからないために状況を改善できないというのは、なかなかつらいものです。仕事でも家庭でも健康でも自分自身の人生でも。ああ、当時の自分を想像するだけでも心が痛む。。。(ちなみに私のコーチはイギリス在住なので、セッションはすべてビデオコールで行われます。)

IMG_0223[1]

では、そんな状態の私がコーチングを受け始めてすぐに色々な事が一瞬で解決したのか。すぐに新しいビジョンを見出すことができたのか。もちろん答えは「No」です。コーチがいてもコーチは手引きをしてくれるだけで答えは自分で見出さなければなりません。答えだけでなく、問題すらも自分で探さなければいけません。だいいち簡単に見つかるんであれば今この状況に私はいないわけですし。

If you want something you’ve never had, then you’ve got to do something you’ve never done.

もし未だかつて手に入れたことのないものや事をを手に入れたいのであれば、今やっていることを継続しては手に入らないのです。今の方法が適切であれば、その手に入れたいものはすでに手の中にあるはずですから。

既存の思考回路を新しい視点での考え方にシフトする。=マインドシフト

コーチングではこのマインドシフトという作業に多くの時間を費やすことになります。古い考え方を新しい考え方に上書きしていく作業です。上書きしたい思考や思い込みやすりこみを探すところから始めるのでなかなか大変ですが、上書きすると同時に目の前にある高い氷山がみるみる溶けてすごい勢いで視界が広がるような、そんな爽快感が待っています。そして一度上書きしてしまえば過去の思考は戻ってきません。パワーオブマインドシフトです。

この作業をわかりやすく表現すると、所謂バグを取り除く作業です。当時の私はバグだらけのシステムでコンピューターが正常に機能しなくなっている状態でした。私のやった(今も現在進行形です。)作業は、このバグを見つけて直していく作業なのです。人生をリプログラミングするといったところです。

というわけで、この果てしない作業が始まったのでした。

続く
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中